金烏玉兎庵

算命学にまつわる雑記の保管庫です。

西側の星、配偶者の星

人体星図において西側の星は配偶者とか自分の仕事上の秘書や右腕、あるいは家庭を示します。
①星自体の意味から読み取れるものと、
②自分(中央の星)との相生相剋比和の関係から読み取れるもの、
の2つがあります。

ちなみに、恋愛相手については東側の星を見ます。
この西側は結婚して「自分の内側からサポートしてくれる存在」で自分の良いとこも悪いとこも理解した上で付き合う存在、という言い方もできます。

(東側は良い面だけを見せる相手、ともいえます。)

①は、誰と結婚しても自分の西側にある星なので変わりません。
これは、誰と結婚しようが、結果として「自分にとっての配偶者の位置付け」は同じような傾向にしかならないということでもあります。
②は、相手との関係が相剋であれば緊張感ある関係になり、相生であればリラックスした関係になる、などの変化はあるのでここは変化があります。

よって、
居心地の良さや関係性というのは相応に変化します。
とはいえ、最も宿命的にピタリと来るのは自分の西側の星を胸に持つ配偶者なので、その意味では、ピタリと来る相手は基本的に同じ傾向にあるということは言えると思います。

参考に、西側に出る星ごとの結婚観を書いておきます。
(参考:高尾学館『算命学』第7巻)

☆貫索星
夫婦が同格、友達夫婦を好む。家庭内の変化は少なく質素だが、苦難に対する守りは堅い。

☆石門星
仲良し家族、家族平等。ふだんはそれぞれ好きなことをしていても、事件が起こったときは一致団結する。社交的、来客多い。

☆鳳閣星
情よりも正しさによる家族形成。おおらかで淡々とした空気の中で、身内に対する冷静な観察眼が光る。

☆調舒星
理想主義的に完璧な家庭を目指す。
結果、家庭のワンマン形成に陥り内的なストレスが多い。配偶者や子を美しく装う。

☆禄存星
明るく仲の良い大家族、庶民的な家庭を目指すも、結婚相手には環境や性格の大きく異なる相手を選ぶ。

☆司禄星
堅実第一の家族形成。亭主関白、伝統重視。変化を好まず、家庭内のルールをたくさん作る。

☆車騎星
家庭内の平凡、単調、平和を好まず、ともに前進、成長することを好む。
静かな家庭的なムードはなく、張り詰めた中で頑張る。

牽牛星
自尊心を土台としてプライドある社会生活を好み、他人からの評価を気にする。
内面より外面重視。品性気品のある生活。

☆龍高星
独立独歩、自由な家庭。
生活のリズムはバラバラで不規則。
国際結婚や文化の異なる者同士の結婚にはマッチする。

☆玉堂星
知性に支えられた家族形成。庶民性に欠ける。古典的で変化を好まない小家族。
その小家族の中に美がある。

運型について

前に「白虎型」について書きました。
褒められるとダメになる人、と書きましたが、いわゆる一匹狼的な仕事に向きます。

他に商人に向くといわれる青龍型、
芸能・大衆芸術、宗教に向く朱雀型、
学者・高尚な芸術に向く玄武型、
自分のビジョンに人を巻き込んでいく騰陀型があります。
それぞれ五行に配当されます。

これは命式から算出されるエネルギー値がベースになっています。
なので、本質的な宿命の方向性を生きていれば、だいたいこの方向に向かっています。
自由業の人や経営者の方というのは、多くの場合、「自分のやりたいこと」をナチュラルに選択しているはずなので、自分の型を見て納得されますし、
女性も、「気持ちに正直」な人が多いのでだいたい一致しています。

当たらない、一致しないのは、男性のサラリーマンの人。
プライベートの印象は一致しても、仕事の顔とか働き方を見ていると、
本当に一致しない人が多い気がします。
無理してるのかなぁと思ったりします。

とりわけ、天将星とか天禄星とか天南星のような強い星を中年期に持っていると、
無理ができてしまうので、自分に合わないことでも、頑張って続けられてしまいます。

一方で、天報星とか天極星、天馳星、天庫星は弱い星なので、自分に合わない仕事には敏感で、割とすぐに自分に合う方向に転換しやすく、
結果としてこれらの星を壮年期に持っていると、30代から40代の働き盛りのときに大きく人生を転換すると言われます。

ちなみに、男性で壮年期にこれらの弱い星を持ちながら、本質的な方向と違う道を歩める人というのもいて、
彼らには強い星を持つ奥様がいらっしゃいます。
これは安定につながるので良さそうに見えますが、そのまま6巡目までひた走ってしまうと淘汰されてしまうので、
どこかできちんと見直しをした方が良いだろうと思ったりします。

五行の配当表

五行(木火土金水)って、元素のように思いがちですが、
五行は元素ではなく「はたらき」です。
あるいは「性質」とか「役割」ともいえます。

なので、五行は世界のあらゆるものに当てはまります。
例えば、
五志とは、怒喜慮悲驚、
五味とは、酸苦甘辛鹹、
五臓六腑の五臓は肝臓、心臓、脾臓、肺、腎臓をいいますが、それぞれ木火土金水の性質を持ちます。
この「当てはめる」ことを「配当」というのですが、
五行は世界のあらゆるものに「配当」できるという言い方もできます。

「五行の配当表」をぐぐると、たくさん表がでてくるので、それを見て五行の配当を覚えておくと色々と便利です。
なかでも、五行を「はたらき」という前提で覚えておくと、
いろいろと応用できます。

陰占で強すぎる五行をどう弱めるか、洩らすか、あるいはどう強めるか、など考えたり、
風水で何をどう配置するか考えたり、
気学で方位を取るときに何に配慮すれば良いかを考えたりするときに役立ちます。

東洋思想においては、
陰陽説と五行説、そしてその2つを組み合わせた六十干支が基本になります。
陰陽は割とシンプルですが、五行はふだん使わないので慣れるまでに時間がかかります。
しかし、五行の配当を覚えると、俄然世の中が奥行き豊かに見えてきます。
そして五行の配当に慣れてくると、陰陽とセットで六十干支が分かり始めます。
すると、世界が立体的に、多次元的に見え始めます。

ということで、五行の配当表。
算命学に限らず、東洋思想のベースになるものなので、早めに覚えておいて損は無いと思います。

十二支の本当の意味

十二支というと、ネズミから始まる12匹の動物を思い浮かべるのが一般的ですが、
実際にその示すところは命の生長と退行であり、物事が生まれ種(たね)に還るその命の輪の12段階を示しています。

十二支を年齢に直してみると、
一番若い胎児がネズミ、ウシが赤ちゃん、トラが少年、ウサギが青年、タツが30代、ヘビが40代、ウマが50代、ヒツジが60代、サルが80代、トリが100才、イヌが120才、イノシシが140才くらいの年代の魂といわれるそう。

少年くらいまでは純粋、
五十代くらいまでは活力、
八十代くらいまでは老練といえますが、
だいたいこのあたりから神がかってきて、100才以上、イヌとかイノシシの魂はある意味、神の世界です。

ちなみに、それぞれの十二支は、
実際に社会で役割を果たすその在り方にもレベルの高低、成熟度の高低があります。
十二支はそれぞれ5つの成熟段階に分かれています。
(12の年代×5の成熟度で、60種類、六十干支になります)

例えば、魂は老練だけど、社会での立場は軽輩レベルとか、
魂は赤ちゃんだけど、社会での立場は権力者レベルとかそんな感じです。

この考え方は、その干支の位置に応じて果たす役割を知ることができたため、
王様が文官武官をどう配位するか、人民の誰を取り立てるか、などを考えるときに、利用されたそうです。

なお、この干支は年干支、月干支、日干支の3種類のうち、日干支で見ます。
陰占では、年月日の干支をみるときに、年干支と月干支を25%ずつ、日干支を50%で見ますが、軍略検討における人員配置で見られたのは基本的に日干支だけでした。
もっとも、古代中国において何万という人の命式を見るときには、当時の事情として、日干支くらいしか見ていられないという面があったのかもしれません。

同じ老練なトリでも、
闘うトリ、若いトリ、大人のトリ、権力あるトリ、達観したトリと現れ方が変わります。
これを十二支、各五段階分出してみて、
六十花格子に並べてみると、その年代と熟練度が遍くバランスよく配置されていて驚きます。

目標に命式の稼働条件を織り込む

田村耕太郎さんが、『スケールするスタートアップを創るには「最初のDNA創り」が非常に重要』ということを書いていて、なるほどー、と思いました。

たまたま、来年に向けて自分のデフォルトのリバイズに取り組んでいるところです。
例年どおり、目指す環境やコンディションをベースに考えていましたけれど、
自分の命式の稼働条件をきちんと織り込む視点を入れておくと良いかもしれません。
命式に現れる星はまさに自分のDNA。
それを稼働させるものだけを選んでいくとどのようなことになるのかという実験です。

ちなみに、
今年は、天中殺期間なので「引きこもる」ことを選択したのですが、
経過はわりと良好です。
その前の年には破壊的な精神状態が続き、環境も叩き壊し、自分も骨折した(大きな怪我をするときはたいてい気持ちが荒れているものです)のですが、
引きこもることによって自分の軸を取り戻し、それによって他人への前向きな態度を取り戻し、そして新しいビジョンを得られたりもしました。

 

自分のリバイズと併せて、
命式のデータベースを作っています。
何を新しく取り組むのに良い相性とか、
何かを深く掘り下げるのに良い相性とか、
円満に物事を進められる相性とか、
結果が出やすい相性とかあります。
2人だとダメだけど、もう1人の要素を加えることでワークする相性などもあり、
その実験をしてみたく。

私はとても仲良しな人がいますが、
半会(広がり)と対冲(衝突)しか宿命にない私が、何か結果を目指すときにはとても理想的な人です。
また、あまり相性のよくない上司とつないでくれている人もやはり算命学的に根拠を求めることもでき、以来何事においてもその人を介すようにしているのですがうまく機能しています。

その例もあり、来年は他の人間関係においてもいろいろと作り込んでみたいな、と思います。

三角形、四角形、五芒星、六芒星

数字について書いたので、カタチについても書いておきます。

丸は神様が作った形、四角は人間が作った形、そして三角は人間が神様に似せて作った形です。
三角は、神様に「似せて」作ったものなので不安定。
よって、風水などでも三角形の土地などは凶意を持つとされ、四角の土地の方が吉相とされます。

しかし一方で、四角は堅固な安定につながるため、何か創造的なものを目指すなら、三角形のほうがふさわしいという考え方もあります。
世の中の多くの人は平凡でも安定を望むので、四角が吉、創造にはつなるけれど不安定な三角形は凶と評しました。
あくまで「多数派」に向けた解釈です。
その比率はパレートの法則のとおり2体8か、1対9か。

世の中の吉とか凶、あるいはオモテとかウラというときには、自分の立ち位置を明確にしないと望む結果を得られません。

自分を1割、2割側の人間と捉えるか、
8割、9割側の人間だと捉えるかによって物事の意味もとるべき選択も変わります。

「そんなに偉くないから多数派で!」
と簡単にいう人がいますが、公立学校やホームレス社会にも多数派・少数派は存在しているものなので、どのような立場であれ、自分を少数派と捉えるか多数派と捉えるかの視点は必要となります。

「三つ巴」という文様があります。
寺社仏閣や祭の太鼓にある文様ですが、これは神様を示します。
三つ巴が描かれた膜を打って鳴らす音は神様の波動、
火災よけの丸瓦にある三つ巴の文様は、神様の力によって家が守られるようにという祈りです。

3という数字は神様につながるわけですが、
そこに安定をもたらそうとして作られたのがダビデの星といわれる六芒星です。
三角形を2つ合わせて偶数の形とすることで安定を得ました。
これはユダヤ教のしるしで、このしるしが日本の神社にあるといって「日本のルーツがユダヤにある」といわれたりしますが、三角形を神様につながる数字と考え、一方で四角が安定の数字と知っていれば、わりと誰でもこの六芒星に行き着くように思われるので、これをもって日本ユダヤ同根説の根拠とするのは難しいかもしれません。

ちなみに安倍晴明の五芒星というのがありますが、これは五行を示すという見方もできますけれど、3+2なので、これは神様の力を人間に降ろすための形。
さらに奇数角なので、安定を企図したものではなかったのだろうな、と思います。

四柱推命 3と4と5の数字

先生に勧められて四柱推命の本を読んでみて、なぜ勧められたかがわかりました。
算命学は年月日の柱、3つでみますが、
四柱推命は年月日と時間の4つでみます。

算命学でつかう年月日はそれぞれ陰陽が明確にあり、一極二元の思想に貫かれていますが、
四柱推命で加わる時間というのは陰陽が曖昧であり、そこに一極二元を見出すことは困難です。
60分の時間の中の半分を陰陽に分けるその区分を人間は知覚できませんし、そもそもですが、近代科学が導入される前に時間を分単位で正確に捉えられたとも思えず、
実際中国の歴史にこの時柱を含む「四柱推命」を見ることはできなかったりします。

中国という国は奇数を重んじる国なので、
そもそも4という数字で何かが定義づけられることはなく、
四方八方というその方位においても、中心には常に極である真ん中が存在し、
極は帝王の視点なので、その極があってこその4であり8であるといえます。
その意味では、明治後期以降、大衆に人気を博した九星気学のほうが、「9」という奇数を使っている点ではより東洋思想に忠実な印象ともいえます。

4の数字は西洋に起源があります。
西洋は、自然事象を4つに分けました。
その歴史はギリシアに遡り、火と風と水と土をもって四元素とし、それを世界の素としています。
イスラム教やインド哲学でもこの四元素を使います。一方、これに対して東洋思想では、木と火と土と金と水とをもって五行としています)

4という偶数をつかうのは、キリスト教支配においてキリストの視点を外に置き、人民統治において安定を志向する意図があります。
偶数は人民の数字、奇数は統治者の数字ともいえます。
なお、キリストが入るときはやはり偶数ではなく奇数、3の数字で語られます。いわゆる三位一体で、父と子と聖霊のように。

先生に「ちょっと寄り道してみる?」
と勧められて読んだ四柱推命の本。
数字の哲学と合わせて気づきが多く、
改めて算命学に気持ちを投じる良いきっかけになりました。