金烏玉兎庵

算命学にまつわる雑記の保管庫です。

調舒星の道、何よりも「自分の美意識に基づくオリジナルの世界観」

調舒星がたくさんある、
街のイベントなどにたくさん参加されている方から、
「自分の本気の道」
「副業」
を探すにはどうすればよいでしょう?

というようなことを訊かれました。

 

多分、先日私が「本気の道」や「人事に副業について訊いた」と書いたことからの質問です。

 

個人的に、
調舒星などある人は、
「何をしていいかわからない」
ような段階では、
公民館的な、不特定多数の人と和気藹々と「素の自分」で何かをすることにはあまり向きません。
孤高に自分の世界を掘り下げて、その美意識を磨き、それを顕現させていくべき人です。


それが出来るまでは、
大衆的なものに迎合することを拒み、気難しくすらあるべき人です。

 

前に、調舒星(孤高の表現)が最大燃焼すれば禄存星(大衆やお金を惹きつける)に向かうということを書きましたが、
調舒星を飛ばして禄存星に向かっては、そもそも調舒星が歪みます。

 

「インクルーシブデザイン」
という考え方があります。


これは、
高齢者、障がい者、外国人など、
通常のモノづくりにおいてはメインターゲットではない人たちをメインのターゲットと想定してモノをつくるデザイン手法のことです。

 

例えば「外国人や高齢者に優しい大きな文字の駅名表示」というのを作った場合、
それは外国人や高齢者のみならず、
一般の人の中の目の悪い人や注意力散漫な人たちにも役立ちます。

すると、外国人や高齢者という限られたマーケットではなく、より汎用性の高い広範なマーケットで利用されるようになり、結果として企業はメインターゲットを想定してモノを作るより儲かります。

 

そういう、メインターゲットにならない人たちを「リードユーザ」と呼び、ユーザー全体をリードすると想定してデザインする手法がインクルーシブデザインです。
参考:http://i-d-sol.com/inclusivedesign/

 

調舒星というのは、
メインターゲットを狙うとか、
メインストリームを目指すとかではなく、
そういう独自のターゲット、リードユーザに向けて表現していく星です。

 

ここでいう「リードユーザ」とは、
高齢者や障害者、外国人とは限らず、
自分の目指す世界観の中にいる人たちのこと。

 

例えば、
私も西に調舒星がありますが、
私の目指す世界観は、
「戦後風化されつつある日本古来の文化を尊び、それを生活に生かし、
個人がその才能を発揮してあることによって調和的に生きることができ、
コトの道理を知り、胆力を備えた人たちが日本🇯🇵を牽引していく世界」
というような感じです。

なので、
そういう世界にどこかしら同調してくれる人を「リードユーザ」としてあらゆる発信、行動をしています。

 

いかにその世界観をこの世界に顕現させることができるか?
それが調舒星のテーマです。

 

誤解を恐れずにいえば、
その世界観が確立するまでは、
それに同調しない人はすべて無視してもいいかもしれません。
なんといっても「孤高の星」ですし。

 

音楽や絵画、芸能、小説など、
芸術や学術の分野でそれをするのが調舒星的といわれますが、
「自分の世界観をこの世界に顕現させる」
そういうことであれば、何でも良いと思います。

 

なお、そうやって自分の世界観をこの世界のどこかに何かしらの形で顕現させた先において、
最終的に、どこかで公民館的な大多数の人たちに胴上げされて壇上に立つ、
ということようなことがあるかもしれませんが(禄存星に向かうので)、


それすらも、
ベールを隔てて大衆に向かい合う、
演出された自分として大衆に向かい合う、
というイメージです。

 

なぜなら調舒星は「間接」表現の星だから。
何をするにせよ、「素の自分」「ありのままの自分」で勝負すべき星ではありません。

 

このところ、
沢尻エリカちゃんの活躍が目覚ましいですが、彼女は調舒星の人です。
「べつに」事件で素の自分をさらけ出して大バッシングを受けましたが、
その後「芸能界向けの自分」を改めて創り上げ、演出して成功しています。
そんな感じです。

 

調舒星が「一人の時間」を必要とするのは、「演出された自分」を維持するのにその時間が必要だから、という面もあります。

 

兎にも角にも、
調舒星、それも調舒星がいくつもあるなら、
「自分のオリジナルの美意識に基づく世界観」
を構築するのが先です。

 

冒頭の質問に戻れば、
「自分の本気の道」は、自分の美意識に基づくオリジナルの世界観を確立した先にあり、
副業はその道の延長線上にある、
ということになります。

f:id:kinugyokutoan:20190615225250j:image

梅の木にみる家系の話

本日は、曽我梅林で友人ご夫婦がお世話をされている梅の収穫体験をさせていただきました。

なんとなく「梅」に心が惹かれて伺ったのですが、

とても濃厚な梅の世界を堪能いたしました。

 

日頃、「家系は樹です」ということを書いていますが、
本日、「梅の木の一年」について教えていただいたのですが、
そこにはやはり「家系」と同じ姿を感じました。

 

梅の木は、
1月から2月に受粉します。
いってみれば「結婚」です。


そしてたくさんの実がなるのですが、
これは「現実の果実=現世の利益(幸福)といえます。

 

たくさんの果実がなりそれを収穫するためには伸ばすべき枝を生かし、
それ以外の枝を剪定する必要があります。
これは、家系を伸ばす人が伸びる分、
それ以外の人が伸びない、または切り落とされるということです。

 

また、梅の実を収穫するためには程よい高さに枝があることが望まれるため、
高く伸びる枝は「畳のへり」のような丈夫な布で抑え込み、角度を下げます。
言い換えれば、切り落とされることなく伸びる枝というのは、「抑え込まれる枝」でもあります。
これは、家系を継承するのは「家系の枠」の中で生きていける人であり、
その枠を超える人というのは本質的に家系を継承しない人ということ。

 

なお、梅の実をたくさん収穫するためには収穫のあとで「施肥」といって肥料を施すのですが、
このあたりは、
「現世利益をたくさん得たら、それを世の中に還元していく必要があり、
それを怠ると現世利益は減っていき、
しっかり還元していけば現世利益は増えていく」
ということに通じるな、と思いました。


梅の木は古木を切ったその切り株に若枝をさすことで再びその命を得るそうですが、
このあたりも家系における命の仕組み、人間の命の循環の仕組みを感じます。

 

いかに文明が発達し、
社会のルールが人に優しくなったとしても、
その本質は自然の姿にあるということを改めて感じました。

 

ちなみに、
自宅に自分の背の高さ以上の観葉植物をおいてはいけないとか、
自宅の庭に実のなる木を植えると発展しないとか風水ではいわれますが、
考え方の根底には同じようなものがありそうです。

f:id:kinugyokutoan:20190615185705j:image

f:id:kinugyokutoan:20190615185729j:image

f:id:kinugyokutoan:20190615185751j:image

f:id:kinugyokutoan:20190615185816j:image

梅シロップと梅酒、作ろうかな。

 

世の中の理不尽と精神性の向上

昨日の朝、
ハシゴの話を書きましたら、
「自分がそんな目にあったらどうなんだ!」
的なご指摘を頂いたので書くのですが、

 

男社会で働いていれば、
しかも転職などして会社の文化も分からないで働いたりしていれば、

 

ハシゴを外されたり、
煮え湯を飲まされたり、
言葉に尽くせぬ侮辱を受けたり、

 

時代にもよりますが、
まぁ普通にあります。

 

そういうところでは、
文句を言うとか言い訳をするとか、
したところで価値も意味もなく、
その場では甘んじてその現実を受け入れるしかない、
ということも、
身をもって経験できます。

 

もちろん中には、
「女性だから」と優しくしてくれたり、
「経験が浅いから」と気を使ってくれたりする人もたくさんいましたが、
それは「お情け」でそういう対応をしてくれる人もいる、というだけで、

言ってみれば、
本気の相手にはされてない、
ということです。

 

「宿命の消化」
…ということにも通じるのですが、

そうしたところで甘やかされたり、
苦しいからと仲間内で愚痴を言ったり、
そのひどいことをした人を恨んだりしたところで、
問題は解決しません。

 

そこから自分が学んで成長し、
乗り越えないと、
同じことが延々と続きます。
(同じ高さの螺旋が続く=ループします)

 

苦しいことから逃げたら、
それは追いかけてきます。

 

成長し、それを乗り越えるのに何年も、
場合によっては10年スパンで時間がかかることもありますが、
ハシゴを外されないだけの存在感を備えるには、それくらいの時間がかかるのはある意味当たり前です。

 

但し、
苦しい中で頑張ったことは「貯金」になります。
苦しくて落ちたところの分だけその先登れるということなので、
そう悲観したものでもない、
と、思っています。

 

とりわけ身強の人は、
苦しんだ方が先々幸せです。

 

というか、
ハシゴが外されたとか、
煮え湯を飲まされたとか、
騒ぎ立ててるのはたいてい身強の人な印象です。

 

最身弱の人などは、
傍目に苦しいこととか、
ちょっと理不尽そうなこととか、
…そういうことがあっても、わりと飄々としてどこ吹く風、という感じ。

 

もちろんその場では、
「あいつ許せねー!」
と言っていたりしますが、
それがポーズだったんじゃないかと思うほど、
あとを引かずにいる感じです。

 

火金の相剋とか火水の相剋とかあると、暴発的に怒っていたりもしますが、
そんなに長々と根に持たない感じがします。

 

まぁ、精神性の成長が浅いと、
身弱だろうが身強だろうがネバっと怒っていますが、
それは成長の螺旋を登れていないことが問題なので、
ネバっと怒るその怒りを
前向きに消化し、成長や飛躍につなげるよう精進するしかない、
ということです。

 

ちなみに、
精神性の低さに起因する問題の難しいところは、
見る人が見ればすぐに分かるのですが、
本人はなかなか気づけないことにあります。

 

なので、
繰り返し起こる理不尽とか、
繰り返し起こる不運とかあったときには、
ガツンと自分の心根を問いただす、
ということが望まれます。

 

算命学では、
精神性を向上させると禍を環境に見るようになる、
と言われたりしますが、
自分に禍が降りかかるときというのは、
自分に原因があるのだということが分かっていれば、
コトは簡単に解決できたりします。

 

よって、覚えておくべきは、
どれだけ相手がおかしいと思っても、
いかに環境が理不尽でも、
その原因は必ず自分であり、自分の成長を促すための「機会」だということ。

 

それが、
自分に反省を促すための試練なのか、
そこから別のところへ向かうための導きなのか、
方向転換するためのきっかけなのか、
それは本人にしか分からないかもしれないし、
そのときになってみないと分からないかもしれませんけれど。

天中殺と宿命の消化

算命学で宿命を語るとき、
陰占の命式や陽占の星図などが分かりやすいのでそちらばかり注目しがちですが、
実は一番最初に見るべきものは天中殺です。

 

戊亥天中殺
申酉天中殺
午未天中殺
辰巳天中殺
寅卯天中殺
子丑天中殺

の6種類と、宿命中殺を加味して、
その人のベースの運命の形を見るところから始まります。

 

戊亥天中殺は中央(現実)が欠けるので意識は天頂(精神性)に向かいます。

 

申酉天中殺は西方(配偶者など)が欠けるので意識は東方(兄弟や仕事仲間、母親)に向かいます。

 

午未天中殺は南方(子供など)が欠けるので意識は北方(目上、父親)に向かいます。

 

寅卯天中殺は東方(兄弟や仕事仲間、母親)が欠けるので意識は西方(配偶者など)に向かいます。

 

子丑天中殺は北方(目上、父親)が欠けるので意識は南方(子供など)に向かいます。

 

各天中殺の欠けている場所の対極に意識は向かいます。

これに加え、
生年中殺が加わると、さらに東方が欠け、
生月中殺が加わると、さらに中央が欠けます。

 

欠けは「虚」と言われたりしますが、
もともと東方が欠ける寅卯天中殺の人に生年中殺が加わると、ダブルで欠けて、虚×虚=実となるのですが、
完全な「実」となるわけではなく、複雑さを内包した「実」になります。

同様に、もともと中央が欠ける戊亥天中殺の人に生月中殺が加わると、やはりダブルで欠けて、虚×虚=実となりますが、その内面はやはり複雑さがあります。

 

こうした天中殺の欠けを前提として、
陰占、陽占を観ていきます。
繰り返しますが、
天中殺の欠けを反映した運命のカタチがまずあって、それから陰占、陽占です。

 

欠けている部分は、
制御ができないので、星の意味が極端に出てきますし、
その欠けている部分に相応する人との縁は複雑さを持ちます。
心が通わないとか、
家に不在がちとか、
場合によっては早くに亡くす、
ということもあります。

 

そういう欠けを反動にして、
その凹んでいる部分をモチベーションとして、欠けの対極に強みを持つようになります。

 

これは宿命における天中殺についてのことですが、
後天運に巡る天中殺でも同じです。
天中殺期間中は、大きく踏み出していける半会や、物事が確実に固まっていく支合などの融合条件があったとしても、
とても不安定なので、そうした活動には向きません。
(厳密に細かく観ていけば別の考え方を採用することもなくはないですが)

 

天地人三歳の理において人間は、
天と地の間においてそれぞれが「定められた生きる場所」があるとされますが、
その「生きる場所」というのは、
天の気と地の気に挟まれた空間で、
そこある欠けが天中殺なので、

天中殺=生きる空間を構成するもの
…であって、
その欠けを持ったパイプのような空間が、人間の生きる場所、
といったイメージ、ということになります。

 

よって、「宿命の消化」という場合、
その天中殺の消化をすることが必要です。


この部分が未消化の場合、
宿命全体が稼動せず、もがけども進めず、ということになります。

 

意識的に消化しなくても、
通常はそのとおりの運命行程が自然と現れるものですが、
何か不自然な欲求やエゴなどによってしがみついたりすると、
ちょっと苦しいかな、と思います。

 

生年中殺、生月中殺がからむ説明はかなり長くなるのですが、
仕組みは上に説明した通り。

それがどのような現象として現れるかは、
ただ今イケジイさんのブログで展開されているので興味のある方はそちらをご覧くださいませ。

f:id:kinugyokutoan:20190614195046j:image

写真は府中の公園、絵のような風景でした。

ハシゴを外す、それは悪か?

※少しシビアな内容です。

 

関与する人の多い仕事をする場合、
「ハシゴを外される」
ということがときどきあります。

 

これについて、
「梯子を外された!」
と怒ったり愚痴ったりする人がいますが、
ハシゴを外す方が悪いのか?
ハシゴを外される方が悪いのか?

議論は別れると思うのですが、
算命学ではハシゴを外されるほうが悪いとします。

 

森羅万象の仕組みは非情であり、揺るぎません。

 

ハシゴを外してもいいと思われる程度の自分であったこと、
ハシゴを外して退場させたほうが効率的だと思われたこと、
ハシゴを外して恨まれても困らない、
今後関わる価値がない存在だと思われたこと。

そういう自分であったことがハシゴを外された理由なのであって、

 

相手がルールを無視したとか、
相手がくそ意地が悪かったとか、
相手が金に転んだとか、
相手が権力に屈したとか、

 

そうしたことは、
本質的な理由ではないです。

 

少し前に、
飲み会に呼んだのに連絡もなく来なかった人について、
「あいつはダメだ!あいつはもう切る!」
と言っていた人がいましたが、

それは来なかった人が悪いのではなく、
「行かなくてもいい相手」
「連絡しなくてもいい相手」
だと思われたということであって、
彼女が切る前に、その人が「切られている」ということです。

 

いずれの場合も、
ハシゴを外されてムカついたなら、
あるいは、
来なかったことに怒ったなら、
それについて相手に文句を言えばいいわけですが、
ハシゴを外した相手に、
ハシゴを外された側は文句を言いません。
というか、言えません。


場合によっては作り笑いすら浮かべます。

本当に相手が悪いのであれば文句を言えばいいのに、
それができない時点で自分の負けです。

それが、自然の仕組みです。

 

学校でどんな教育をされるにせよ、
陽気で円満なやりとりが社会の礼儀であるにせよ、
この世界のリアルな実像は弱肉強食です。

 

ちょっと過激ですが、
実際のところ、
経済界、芸能界などは、全き弱肉強食の世界ですし、
法曹界、スポーツ界は、下部においては一定のルールがありますけれど、
上部はやはり、全き弱肉強食の世界です。

 

仕事をきちんとやってる人は分かるだろうし、
分からない人は、
余程恵まれた環境で生きてきたか、何も分かってない人です。

正気半会と現実乖離

やたらと現実的なお金に関する試験が終わり、
選り好みして限定的な人にしか会わなくなり、
思う存分、4000年前とか1000年前のこととかに真剣に思考を飛ばしていたら、

 

このところ、
世の中の「常識」からどんどん乖離していっているようで少しドキドキしています。

 

モノゴトを俯瞰する、
というのは、
think bigとも言い換えられるわけですが、
細かなことや雑多なこと、
あるいは世の中の個人や個性的な考えといったものが、
どんどん抽象的になっていき、
分類され、色分けされ、
世界が大きな地図のように見えてきます。

大事な人しか視界に入らない的な。

 

仕事なども、
ツーカーで仕事ができる人を選り好みしてお願いしたり根回ししたり、
「協調性」という観点からはとても褒められないことですが、
押さえておくべき人を押さえておけば、
それ以外全て風景のように見えたとしても、むしろその方が仕事はスムーズに運びます。

褒められたことではないですが。

 

そんなことを考えていて、

この地に足につかない思考の感覚、
これが生気半会の思考なんだろうと気づきました。

 

正気半会
というのは、陰占の地支に、
子申、午寅、卯亥、酉巳のいずれかの組み合わせがある場合をいいます。
(私は卯亥の正気半会があります)

 

生気半会が宿命にある人の思考は、
時間を超える観念が存在し、百年、千年の時を超えてそれを現実の世界として捉えることができるといわれますが、

これは言い換えれば、世間の常識や固定観念を持たず、夢や理想が壮大である一方、
一般社会の理解を得にくい傾向にあり、
器量を充実させられなければ愚才に堕すということでもあり、
才能や能力が伸展するほどに一般には理解されがたく、孤独の世界を形成します。

 

…確かに孤独。
でも、この純度の高さは居心地がよく、
このままでもいいような気がしています。


会社員である限り、
いずれ自分か上司の異動なり、何らかの環境の変化なりがあって、
この心地よい場所から現実に引き戻されるのだろうと思えば、
こういう貴重な体験は、思う存分、謳歌して良いように思ったりします。

 

そういえば、
今日、日頃お世話になっているイケジイさんが最近出された算命学の教科書が届いたので見ていたら、
十二支の心の階層の説明がありました。


これは、才能がどうこうというのではなく、

どういう世界で生きていく傾向にあるか?
現実の中のどんな場所で生きていく傾向にあるか?

を見るものです。

 

Facebookにはブログを始める前に書いたことがありますが、
私は75%が4階層で現実にイマイチ立脚しない性質が元々あります。
25%を占める1階層のおかげで、辛うじて現実的な仕事に従事しているんだな、
と、今の仕事をしている限り、この25%をもう少し大事にしようと思った次第。

土屋太鳳ちゃん姉弟にみる家系の継承・不継承と成功 ※閲覧注意

※世の中のシビアな仕組みについて触れていますのでご注意ください。

 

土屋太鳳ちゃんのお姉さんがミス・ジャパンの東京代表に選ばれて芸能界入りかも?
というニュースを見ながら、
太鳳ちゃんの弟が有名な声優ということを考えると、3人揃って活躍するってすごいな、と思っていました。

 

家系は樹なので、
なかなか、みんながみんな活躍する、
ということにはなりません。

 

少し前に、
太鳳ちゃんの名前がちょっと神がかり的だな、
と思ってその由来をちょっとネットでぐぐったら、
文字通り夢のお告げ、神さまのお告げだったと読みましたが、

 

弟の神葉くんの名前とか、
お姉さんの炎伽ちゃんの名前も、
何か神がかり的な理由がありそうな感じです。

 

そんな風に、
夢のお告げを信じるようなご両親はどんな人なんだろう?
と思っていたら、

 

「私の父と母は、夢を分かりやすくはつかめなかったんです。
父は家の事情で、母は別の事情で、挫折というよりもっと、心の傷に近いのかなと思います。
そして、とても苦労して私達を育ててくれました。」

 

と、太鳳ちゃんがブログに書いていました。

 

それで納得、
この三姉弟は、ご両親の「犠牲」によって、名を成していくんだな、
と腹落ちしました。

 

土屋太鳳ちゃんは戊亥天中殺、
神葉くんも戊亥天中殺で、
家系を継承しない人たちです。

 

炎伽ちゃんは申酉天中殺で継承運ですが、全中殺(年月日すべて中殺+日座中殺)なので、
やはり家系を継承しません。

 

「家系」というと、
血統のように捉えるのが一般的ですが、
算命学的には「家業」とか「家風」のことを指すのだろうと思います。

 

子供が3人とも家系を継承しない運勢を持っているところから察するに、
親御さんは駆け落ちのような形で、両親の反対を押し切ってご結婚されたように思われます。

 

※親の結婚の経緯やカタチは子供の天中殺に反映します。
親の反対を押して結婚すれば、継承運の子供は生まれないし、天中殺期間中に結婚すると、第一子は宿命中殺を持って生まれます。

 

親の反対を押し切って結婚しても、
その後親の庇護を受けたり、経済的な援助や相続で財産分与を受けたりすると、
運勢はその瞬間から下降線をたどるといわれます。

 

これは、
結婚に際し、
親の反対を押し切って結婚したという本人たちの「初志」、
この結婚を反対したという親の「初志」が貫徹されなかったことにより、
家系の運勢が翳るためです。

 

しかし、
この3人のご両親は、
「とても苦労して育ててくれた」
とあるので、
恐らくその初志を貫いてお子様を育ててこられたのだろうと思います。

 

そういう生き方、
初志を貫徹する生き方をした夫婦は、
たとえその本人の代で成功することがなかったとしても、
子供の代で発展するといわれます。

 

教科書で読んで知ってはいましたが、
この土屋太鳳ちゃんのご両親と三姉弟の事例はまさに教科書どおりです。

 

これからのこの三姉弟のご活躍を心より応援したいと思います。